WinMerge のダウンロードとインストール


WinMergeは、インストーラ、または、アーカイブから展開したファイルにより、インストールすることができます。 インストーラを使用するのが、オススメの方法です。

1. ファイルのダウンロード

最新のリリースは、WinMergeのホームページより、いつでもダウンロード可能です。 最新リリースのためのホームページ更新に、遅れが生じることに注意してください。 しかし、SourceForge.netの、プロジェクトステータスページは、 最新のファイルを表示します。 メーリングリストにも、リリースのお知らせがあります。 安定リリースは、いくつかのファイルダウンロードサイトより入手可能です。

2. 互換性

  • WinMerge 2.16.0 supports Windows XP and later. It runs on both 32 bit and 64 bit Windows.

  • WinMerge 2.14.0 was the last version to support Windows 2000.

  • WinMerge 2.12.4 was the last version to support Windows 95, 98, ME and NT.

  • WinMerge is not supported on Windows RT.

3. インストーラを使用する (推奨)

注意

Windows NT4/2000/XPにおいて、インストーラは、Administrator権限を必要とします。 あなたが、Administrator権限を持っていないなら、アーカイブファイルより展開することで、 WinMergeをインストールできます(「圧縮ファイルからのインストール」を参照してください).

インストーラを使用することは、ほとんどのユーザにオススメです。 インストーラは、WinMergeがインストールされる場所を促します。 ファイルがインストールされるとき、シェル統合、WinMergeをスタートメニューに追加するなどを設定します。 WinMergeのインストール:

  1. インストーラの開始(通常、 WinMerge-version-setup.exeのような名前)。
  2. ようこそ画面の次へをクリックしてください。
  3. ライセンス認証画面の次へをクリックしてください。
  4. In the Select Destination Location page, accept the location for WinMerge or, if you choose another location, we recommend that you install WinMerge in its own folder. 次へをクリックしてください。
  5. コンポーネントの選択ページ中の、一番上の項目の中から、予め設定されたインストール方法を選択してください。 ほとんどのユーザには、標準インストールをオススメします。 下部のボックスは、すべての有効なコンポーネントを表示します。 コンポーネントのチェックをON、または、OFFにすることで、既定の設定を変更することができます。 たとえば、英語より異なった言語用のWinMergeローカライゼーションを使用したいなら、 言語コンポーネントを選択してください。

    WinMergeコアファイル

    WinMergeの実行ファイル(Windows 9XとMeでは、WinMerge.exe。 他の、すべてのバージョンのWindowsでは、WinMergeU.exe)、ヘルプ、そして、他の必要なファイル。チェックOFFにできません。

    フィルタ

    ファイル・フィルタファイルは、比較範囲を限定することができます。

    プラグイン

    WinMergeプラグインは、COM APIで書かれたカスタムDLL、または、スクリプトレットで、 比較前にデータを前処理するために使用することができます。

    Frhed

    TBD

    WinIMerge

    TBD

    Archive Support

    TBD

    GnuWin32 Patch for Windows

    TBD

    言語

    WinMerge翻訳ファイル。WinMergeを、英語より異なる言語で使用したいなら、 この項目を展開し、有効な翻訳ファイルをひとつ以上選択してください。 インストーラは、WinMergeフォルダの中に、あなたが選択した言語の*.po翻訳ファイルを含むLanguagesサブフォルダを作成します。 インストール後、WinMergeを起動し、ローカライズを変更することができます。 詳しくは、ロケールサポートを参照してください。

    次へをクリックしてください。

  6. プログラムグループの指定ページでは、WinMergeのショートカットを設定することができます。

    • プログラムショートカット作成の、既定の設定を受け入れるか、異なるフォルダを指定してください。

    • 任意で、プログラムグループを作成しない(D)をチェックしてください。

    次へをクリックしてください。

  7. 追加タスクの選択ページでは、いくつかの追加タスクを指定してください。

    エクスプローラのコンテキストメニューに追加(E)

    Windowsエクスプローラから、WinMergeの比較操作を行うことを可能にします (このシェル統合は、WinMergeの設定の中で、有効、または、無効にすることができます)。

    システム環境変数PATHへWinMergeのフォルダを追加する(A)

    WinMergeのインストールフォルダを、システム環境変数へ追加します。

    Integrate with TortoiseCVS

    WinMergeを、TortoiseCVSの差分比較ツールに設定します。

    Integrate with TortoiseSVN

    WinMergeを、TortoiseSVNの差分比較ツールに設定します。

    Integrate with TortoiseGIT

    Sets WinMerge to be the TortoiseGIT diff application.

    デスクトップ上へアイコンを作成

    デスクトップへ、WinMergeのショートカットを追加します。

    クイック起動ショートカットの作成

    クイック起動へ、WinMergeのショートカットを追加します。

    次へをクリックしてください。

  8. インストール準備完了ページでは、インストール内容の設定を確かめてください。 もし必要なら、戻る(B)をクリックし、前のページで内容を変更してください。 インストール作業を続ける準備ができているなら、インストール(I)をクリックしてください。
  9. インストーラが、ファイルのコピーを完了すると、最後の画面が表示されます。 二つのチェックボックスを使用して、作成されたWinMergeのスタートメニューフォルダが開けるかどうか、 WinMergeが起動可能かどうかを確認することができます。

4. 圧縮ファイルからのインストール

WinMergeは、他のシステムコンポーネントから、ほとんど独立しています。 それはしっかりとWindowsに統合されず、多くのDLLを使用しません。

アーカイブファイルは、正しいフォルダ構成を持ちます。WinMergeは、 このフォルダ構成を保ったまま、インストール場所へ展開されるべきです。 たとえば、ルートフォルダが、C:\Program Files\以下の WinMerge-version (WinMerge-2.6.0など)フォルダに作成されます。 このフォルダをリネーム、または、ファイルを別のフォルダへ(フォルダ構成を保ったまま!)コピーすることができます。

ファイル展開後、WinMergeは、起動する準備ができています。 シェル統合とアーカイブ統合は、次のセクションで説明される、追加のステップが必要です。

5. インストーラなしでWindowsエクスプローラシェル統合を有効にする

もし、インストールプログラムを使用せずに、シェル統合を有効にしたいなら、 シェル統合DLL(ShellExtension*.dll)を別に登録しなければなりません。

注意

シェル統合のインストールは、Administrator権限を必要とします。

Open WinMerge and using the 「シェル統合ページ」 in the Options window. In the Options window use the Register shell extension or Unregister shell extension buttons.