オプションとコンフィグレーション


オプションダイアログでは、WinMergeの様々なカスタマイズを行うことができます。WinMergeオプションを設定するには、

  1. メニューの、編集設定、または、ツールバーWinMerge Options button 設定ボタンをクリックしてください。

    オプションダイアログには、多くのページがあり、それぞれ、関連する設定のグループを含んでいます。 ダイアログの左端にある カテゴリ リストのタイトルをクリックすることで、ページを開くことができます。

  2. 以下の方法の片方、または、両方を使って、変更したいオプションを設定することができます。

    • オプションページで直接編集

    • エクスポート済の .iniファイルをインポート

  3. オプションを設定し終わったら、 OKをクリックして、それらを保存し、ダイアログを閉じてください。

このトピックでは、オプションの詳細について説明します。オプションダイアログの、それぞれのページにはセクションがあります。

1. 設定情報のインポートとエクスポート

差分比較、または、マージの設定を頻繁に変更する場合、また、 あなたの設定を他のWinMergeユーザと共有したい場合は、 設定をファイルへエクスポートして保存することを検討してください。 あとでそれらの設定を使いたい時は、手動でオプションを設定する代わりに、単に設定ファイルをインポートすることができます。

エクスポートオプション

オプションを設定し終わったら、 エクスポートをクリックしてください。 エクスポートダイアログで、設定ファイルのパスと名前を指定して(拡張子 iniは、自動的に付加されます)、 保存をクリックしてください。

生成された iniファイルの各行は、一つのオプションを表す、名前と値のペアを含みます。

インポートオプション

保存された設定を再使用したい時は、 インポートをクリックしてください。インポートダイアログで、保存済の iniファイルを探して、 開くをクリックしてください。

インポートされた設定ファイルの値で、すべてのオプションを置き換えます。

2. 一般 ページ

一般ページには、いくつかのオプションがあります。

2.1. 自動的に最初の差異にスクロールする

  • 無効(デフォルト): 比較ウィンドウは、フォルダ、または、ファイルの先頭から開始します(差異は未選択)。

  • 有効: 最初に開いた時、比較ウィンドウは(必要ならそこまでスクロールして)最初の差異を選択します。

    • フォルダ比較では、ファイル、または、フォルダの最初の差異を選択します。

    • ファイル比較では、ファイル中の最初の差異ブロックを選択します。

2.2. ESCでウインドウを閉じる

  • 有効(デフォルト): ESCキーでWinMergeウィンドウを閉じられるようにします。 ESCを一度押下すると一つのウィンドウを閉じます。つまり、もう一つファイル比較ウィンドウが開いていた場合、WinMergeを終了するためには、キーを合計3回押下する必要があります(最初に、ファイル比較ウィンドウ、次に、フォルダ比較ウィンドウ、そして最後に、WinMergeウィンドウ)。

    注) WinMergeのコマンドラインの -eパラメータは、WinMergeを ESC1回で終了することを可能にします。

  • 無効: ESC押下で、WinMergeウィンドウを閉じません。

2.3. 開くダイアログで自動的にパスを検査する

  • 有効(デフォルト): ファイルまたはフォルダの選択ダイアログで、 パスを入力した時に、それらをチェックします。 OKボタンは、両方のパスが検証されるまで、使用不可となります。注) このチェックは、ほんの少しだけ時間がかかることがあります。

  • 無効: ファイルまたはフォルダの選択ダイアログの OKボタンは常に使用可能となり、 指定したパスを開こうとします。検証による遅延がないため、 パスの選択が速くなります。しかし、パスが開かれなかった場合、 エラーダイアログが表示されます。

2.4. 複数のインスタンスを起動しない

  • 無効(デフォルト): 複数のWinMergeを起動することができます。 例えば、WinMergeが起動している時に、WinMergeのショートカットをクリックした場合、 新たなWinMergeウィンドウが開かれます。

  • 有効: WinMergeの起動を一つに制限します。

    • WinMergeが起動している時に、新しいインスタンスを起動しようとした場合、 新しいウィンドウは開かれず、 代わりに、現在のWinMergeウィンドウが使われます。

    • (例えば、コマンドラインから)パスと共に新しいインスタンスを起動しようとした場合、 新たな比較ウィンドウが、既存のWinMergeウィンドウ中に開かれます。

2.5. 複数のウインドウを閉じるときに尋ねる

  • 無効(デフォルト): 複数の比較ウィンドウが開いている時に、WinMergeを終了する場合、 WinMergeは、すべてのウィンドウを閉じるかを尋ねます。

  • 有効: 終了をクリックした時、未保存のファイル変更が無い場合、 WinMergeは直ちに終了します。

2.6. ファイル比較時のファイル時刻を保つ

  • 無効(デフォルト): WinMergeで、ファイルの変更を保存する時、ファイルのタイムスタンプが更新されます。

  • 有効: WinMergeで、ファイルの変更を保存する時、ファイルシステム上のファイルのタイムスタンプは更新されません。

2.7. 起動時にファイルまたはフォルダの選択ダイアログを表示

  • 無効(デフォルト): WinMerge起動時に、WinMergeウィンドウが開きます。ファイル、または、フォルダを選択するには、 ファイル開くをクリックしなければなりません。

  • 有効: WinMergeを起動した時、WinMergeウィンドウと共に、ファイルまたはフォルダの選択ダイアログが開きます。

2.8. Close "Select Files or Folders" Dialog on clicking OK button

  • Disabled (default): TBD

  • Enabled: TBD

2.9. 開くダイアログのオートコンプリート

次の中から一つ選択してください:

  • 無効(デフォルト): ファイルまたはフォルダの選択ダイアログでパス入力した時、 オートコンプリートは実行されません。

  • ファイルシステム: 入力した時にパスを調べます。入力した文字と一致するパスを、ファイルシステム上から見つけようとします。一致するパスが見つかった場合、パスを補完します。

  • 最近使ったリスト: パスを、最近使ったリスト(MRU)の中から調べます。 これは、比較用のパスが限定されている場合に便利です。

2.11. リセット

WinMergeは、いくつかのメッセージボックスを抑制することを許可します。 例えば、同一の2つのファイルが開かれた時、通常なら 選択されたファイルは同一です。メッセージボックスが, 開かれます。これ以上、このメッセージを表示して欲しくない場合、 メッセージボックス中のオプションを有効(チェックON)にすることで、そのメッセージを再び表示しないようにすることができます。

あとで、再びメッセージを見たいと思うかもしれません。 リセットボタンをクリックすることで、メッセージボックスを再び表示するようにできます。

注意

WinMergeを新しいバージョンにアップデートした時は、メッセージを省略することはオススメしません。 インストーラは、それらを自動的に表示するようにします。しかし、インストーラを使用しない場合、 リセットボタンを使って、メッセージの表示を有効にすることを思い出してください。

3. 比較ページ

このページのオプションでは、WinMergeが、ファイルサイズのみを比較する(つまり、いくつかのタイプの差異を無視する)などの差異を検知する方法を変更することが可能です。

重要項目

いくつかの違いに興味がないかもしれない場合、差異を見つける方法をカスタマイズすることは、比較の間に有効かもしれません。 しかし、これらのオプションは、マージにも影響します。 例えば、スペースの変更を無視する場合は、マージ時にソースコード中のインデント変更は保存されません。

この理由により、いくつかの差異をマージする前に、 このページのオプション(特に無視オプション)をデフォルト値にリセットすることをオススメします。 このページの全オプションをリセットするには、 デフォルトボタンをクリックしてください。

3.1. 様々な無視オプションについて

比較ページ(このセクションの後で説明されている)の、 たくさんのオプションによって、明らかな差異を無視することができます。無視された差異は、 WinMerge内で特別な方法で扱われます。

  • これらは、無視された差異の色でマークされます。

  • 無視された差異はマージできません。

  • 無視された差異は、差異の個数に含められません。

  • フォルダ比較では、無視された差異のみが含まれているファイルは、同一のファイルとしてマークされます。

3.2. 空白

ホワイトスペースは、単語と行の間の空白です。 それは、スペースやタブや改行のような、特別な非印字文字です。 ホワイトスペースの重要性は、どのように差異を解釈したり、処理したいかに依ります。 ホワイトスペースのすべての変更を見つけることは重要かもしれません。 反対に、一つのスペース、二つのスペース、一つのインデント、または、タブなど、 すべてのホワイトスペースを同様に扱いたいかもしれません。 いくつかの構造化ドキュメント(カンマ区切りリストの様な)では、 すべてのホワイトスペースを無視したいかもしれません。

注意

行内のホワイトスペースの変更の影響は、 行内差異を表示するが有効にされている時だけ見ることができます。 これは、差異ブロックとは対照的に、常にハイライトされます。

例1 行と異なるホワイトスペース

単語間に一つのスペース:

Two Words

単語間に二つのスペース:

Two Words

単語間にタブ:

Two Words

単語間にスペースなし:

TwoWords

これらのオプションの一つにより、ホワイトスペースの検出を制御できます:

比較する

すべてのホワイトスペースが比較されます(デフォルト)。 あなたのドキュメントがどのオプションを必要とするか確かでないなら、これは、たぶん最も安全な選択です。 例では、すべての行が差異として検出されます。

変更を無視する

差異中のホワイトスペースを比較します。 例では、最初の3行には異なるホワイトスペースが存在しています。 しかし、それらは同一行として検出されます。タブと複数個のスペースは、単一のスペースとして扱われます。 最後の行にホワイトスペースは存在しないため、差異は無視 されません(結果的に、最後の2行の単語は異なります)

すべて無視する

改行を除く、すべてのホワイトスペース文字を無視します( so lines are detected and preserved in a merge)。例のすべての行は、同一行として検出されます。

関連するトピック

行の差異におけるホワイトスペース設定の影響は、 「行内差異の強調表示」で説明されています。

オプションダイアログのエディタページは、単語間の区切りを検出するために、ホワイトスペースがどのように使われるかの制御に関する設定を含んでいます。詳細は、 「行内差異の強調」を参照してください

3.3. 空行を無視する

  • 無効(デフォルト): ソースファイル中の空行は、 ファイル比較ウィンドウ中で、 「差異あり: 削除」の色の空行で表されされます。

  • 有効: ソースファイル中の空行は無視されます。 これらは、ファイル比較ウィンドウ中で、「無視された差異」の色の空行で表されます。 しかしながら、差異はマージできません。

3.4. 大文字と小文字を区別しない

  • 無効(デフォルト): 比較は、大文字小文字を区別します。例えば、 LowerCaseLOWERCASE、と lowercaseはすべて異なります。

  • 有効: 文字間の大文字、 小文字の差異は無視されます。

3.5. 改行文字の違いを無視する (Windows/Unix/Mac)

  • 無効(デフォルト): 行末(EOL)スタイルの差異は検出されます。 例えば、同じ内容で、行末が異なる2行を比較する場合、 行は異なると判断されます。 この場合、WinMergeは、差異を検出するか、 無視するかの確認ダイアログを表示します。

  • 有効: EOLの差異は無視されます。

3.6. コードページの違いを無視する

  • Disabled (default): TBD

  • Enabled: Codepage differences are ignored.

3.7. 移動ブロックの検出を有効にする

  • 無効(デフォルト): WinMergeは、行の移動による差異を検出しません。

  • 有効: WinMergeは、(ファイル中の異なる場所に)移動された行の検出を試みます。移動されたブロックは、 移動ブロック 選択された移動ブロックの色で示されます。 ロケーションバーが表示されている場合、左と右のロケーションバーの一致する差異の場所が、線で結ばれます。 移動ブロックの表示は、それが多すぎない場合、ファイル中の変更をより簡単に視覚化することができます。

    一例は、ロケーションペインの説明ファイルの比較とマージを参照してください。

3.8. 類似行をマッチさせる

  • 無効(デフォルト): Lines within difference blocks are shown as they occur in the source files.

  • 有効: WinMergeは、異なるブロック中の似ている行を検出しようと試みます。 そして、ファイルペインに空行を追加し、それらの位置を揃えます。 このオプションは、行が似通っている時に最も効果的で、行が全く異なっている場合には、それほど効果的ではありません。

    一例は、「差異の強調表示」にある Similar linesの説明を参照してください。

3.9. Diff アルゴリズム

  • default (default): The basic greedy diff algorithm.

  • minimal: Spend extra time to make sure the smallest possible diff is produced.

  • patience: Use "patience diff" algorithm when generating diff.

  • histogram: This algorithm extends the patience algorithm to "support low-occurrence common elements".

3.10. indent heuristic を有効にする

  • Enabled (default): Enable the heuristic that shifts diff hunk boundaries to make diffs easier to read. It has no effect if the Diff algorithm is default.

  • Disabled Disable the heuristic.

3.11. フィルタコメント

  • 無効(デフォルト): WinMerge は、他の内容と一緒に、コード中のコメントを比較します。

  • 有効: このオプションは、(C++ や Java のような)プログラミング言語のコメントを検出し、それらを無視することにより、 比較を最適化します。

    既知のファイル形式と、それらのコメント記号は WinMerge インストールフォルダ直下の IgnoreSectionMarkers.iniファイルに定義されています。

4. 比較/フォルダー ページ

4.1. ファイル比較方法

このオプションは、ファイル比較を完了する方法を決めることができます。5つの選択肢から1つを選んでください。

フルコンテンツ

デフォルト: ファイルの内容すべてを比較します。 この方法はプラグインを発動し、正確な差異と移動ブロック検出のために diffutils エンジンを使用します。 これは、もっとも完璧でオススメの方法です。

クイックコンテンツ

スリムダウンされた、ファイルの内容による比較です。この方法は、プラグインと移動ブロック検出をスキップし、簡素化されたファイル比較コードを使用します。この方法は、 ファイルを読み込まないため、 フルコンテンツよりも高速です。

短所は、比較時に行フィルタが許可されないことです。例えば、この方法は、行フィルタをファイルのすべての差異を無視するように設定していても、それらを差異として検出します。

Binary Contents

TBD

更新日時

ファイルの更新日時のみを比較するため、他のどの比較方法よりもずっと高速です。 しかし、明らかに、それはただ更新日時と同じくらい正確です。

更新日時とサイズ

更新日時と似ていますが、 日時が同一の時に、ファイルサイズもチェックします。

サイズ

ファイルサイズのみを比較するため高速ですが、 内容を比較する方法よりも不正確です。

4.2. 最初の差異で比較を終了する

このオプションは、比較方法に クイックコンテンツが選択された場合にのみ有効となります。

  • 無効(デフォルト): WinMerge は、ファイル中のすべての差異を検査します。

  • 有効: このオプションは、常にファイル全体をスキャンする代わりに、 最初の差異が見つかるまでファイルを検査することにより比較を最適化します。

    欠点は、WinMerge が、バイナリファイルをバイナリとして検出できないかもしれないことです。 最初の差異がファイルの先頭付近にある場合、このようなことが起こります。 どんな種類のファイルを比較するか知っているなら、このオプションは比較を高速化するための良い方法となるでしょう。 しかし、比較するファイルがどんな種類か確かでないなら、このオプションを有効にしないでください。

4.3. 3秒以下の時間差を無視する

  • 無効(デフォルト): 異なるタイムスタンプを持つファイルは、差異として検出されます。

  • 有効: 時々(例えば、ネットワーク共有を使用中の場合)、 僅かなタイムスタンプの差異は重要なことではありません。 そのような状況でより意味のある結果を得るために、 このオプションで3秒以下の時間差を無視することができます。

    このオプションは、( 「ファイル比較方法」で説明されている)比較方法が、 更新日時更新日時とサイズの場合にのみ動作します。 他の比較方法と共に使用しても効果はありません。

    警告

    このオプションは、時間差が検出された時のみ有効です。さもなければ、 それは不正な比較結果の原因となります。

4.4. 片方にしか存在しないフォルダー内も含める

  • Disabled (default): TBD

  • Enabled: TBD

4.5. Include Subfolders

  • Enabled (default): TBD

  • Disabled: TBD

4.6. 自動的にサブフォルダーを展開する

  • Disabled (default): TBD

  • Enabled: TBD

4.7. 再解析ポイントを無視する

  • Disabled (default): TBD

  • Enabled: TBD

4.8. クイック比較切替閾値 (MB)

  • Disabled: Is not active unless the Compare method is set to Quick Contents.

  • Enabled: Is active when the Compare method is set to Quick Contents.

    This option sets the limit when WinMerge should stop comparing. If the limit is set to for instance 4 MB, then WinMerge will only read the first 4 MB of a file. If no differences are founf before the Quick Compare limit is reached, then the files will be marked as identical.

    警告

    This option should be enabled only when you are sure any differences are in the first part of the file. Otherwise, it can cause incorrect compare results.

4.9. 比較スレッドの数

TBD

5. 比較/バイナリ ページ

5.1. Binary File Patterns

TBD

6. 比較/画像 ページ

6.1. Image File Patterns

TBD

7. エディタページ

7.1. シンタックスハイライト

  • 有効(デフォルト): WinMerge は、多くのプログラミング言語とwebフォーマットを、シンタックスハイライトすることができます。デフォルトでサポートされている形式を見るには、 表示シンタックスハイライト

  • 無効: シンタックスハイライトは、多少のCPUパワーを消費するため、WinMerge の画面描画が遅いと思う場合は、これを無効にすると良いかもしれません。

7.2. 自動的に再スキャンする

  • 無効(デフォルト): WinMerge は、差異をマージした時、または、 表示更新ボタンをクリックするなどした時、 自動的に再スキャンします。

  • 有効: WinMerge は、すべての編集イベント (入力するなど、ファイルへの変更)の後、強制的に再スキャンします。

    注意

    編集作業を遅くするのを避けるために、WinMerge は、自動再スキャンを僅かながら遅らせます(編集イベント後1秒待ちます)。 それにより、それぞれの新しい編集イベントがタイマーをリセットし、 編集を中断するか止めるまで、再スキャンは起こりません。

7.3. 元のEOL文字を保存する

  • 無効(デフォルト): ファイルが、Windows のファイルであると仮定します。ファイルが、Windows 標準の行末文字を使用していない場合、WinMerge は、これをエラーとみなします。 それらを、差異として検出する代わりに、Windows スタイルの行末文字へ静かに変更します。 それゆえ、ファイル比較ウィンドウのステータスバーには、EOLスタイル Winとして表示します。

    ほとんどの場合、このオプションは無効のままにしておくべきです。 行末文字の異なる2つのファイルを比較する場合、 デフォルトの振る舞いで、十分うまく動作するでしょう。

  • 有効: WinMerge が行末文字を自動的に変更するのを防ぎます。 その結果、すべての行のEOLスタイルの差異を検出します。これは、(Windows と Unixなど)異なるEOLスタイルを持つシステムからのファイルを扱うために便利かもしれません。

    重要項目

    また、これは、EOLバイトに詳しい方や、 1つのファイルに異なるEOLスタイルが混在するファイルを比較したい方のための高等なオプションです。 あなたが、この高等な機能を必要としないなら、このオプションを有効にしないことをオススメします。 このオプションは、異なるEOLスタイルの2ファイルを比較するためには、 不要であることを憶えておいてください。

7.4. タブオプション

タブ幅

タブの幅です。値を指定してください n: 設定した幅は、同数の nの文字と同じになります。 デフォルト: 4。 最大値は64です。

タブ挿入オプション

テキスト中でtabキーを押下した時に、どの種類の文字が使われるかを指定します。 次のうち、1つだけを有効にすることができます:

  • タブを挿入(デフォルト): 1つのタブ文字を使用します。

  • スペースを挿入: タブ文字の代わりに、( タブ幅)で指定された個数分のスペースを挿入します。例えば、デフォルトのタブ幅の場合、4つのスペースが挿入されます。

7.5. 行内差異の強調

これらは、 行内差異(差異ブロックの行内の変更)の検出を有効にし、また、その設定をします。:

  • 有効(デフォルト): WinMerge は、行内の差異をハイライトします。メニューの 表示行内差異を表示でも有効にできます。

    次のサブオプションから、1つ選択してください:

    • 文字単位: 異なる文字をハイライトします。 このオプションは、単語内の変更を探す場合や、 明確な単語分割をしていないファイルの場合に役立つでしょう。

    • 単語単位(デフォルト) 差異のある単語全体をハイライトします。

      • 空白で区切る(デフォルト): 単語は、空白で区切られていると仮定されます。 これは、大抵の典型的なテキストファイルに作用します。

      • 空白か句読点で区切る: 空白と句読点の両方を単語境界とみなします。 これは、(カンマ区切りリストのような) 句読点で区切られたリストを扱うために便利です。

  • 無効: WinMerge は、行内差異をハイライトしません。そして、レベルと空白オプションは無視されます。メニューの、 表示行内差異を表示も無効になります。

関連トピック

「行内差異の強調表示」 WinMerge が、行内差異をどのように検出しマークするのかを、もっと詳細に説明します。

8. 色 ページ

ファイル比較ウィンドウで使用される差異などの色を変更したい場合は、 このページで行ってください。 背景、削除、テキストを設定可能です。

色を変更するには色ボックスをクリックし、標準的な色の設定ダイアログを開きます。 基本色か作成した色から1つ選択し OKをクリックすると、新しい色がボックスに読み込まれます。

いつでも、デフォルトをクリックして、 元々の色を再読み込みすることができます。

9. 色/テキスト ページ

テキスト色を変更するには、このページを使用してください。はじめに、 カスタムテキストカラーを使用にチェックしてください。 これは、カスタムテキストカラーを有効化します。空白、標準テキスト、選択の3種類のテキストの設定があります。 それぞれの種類のテキストに対し、背景と文字の色を選択することができます。

10. 色/シンタックス ページ

デフォルトでは、WinMerge のファイル比較ウィンドウは、 「シンタックスハイライト」で説明されている、ある程度の種類のソースコードのシンタックスを評価します。 このページは、認識されるシンタックス要素を列挙し、これらのテキストの色と太さを変更可能にします。

いつでも、 デフォルトをクリックして、元々の色を再読み込みすることができます。

11. 色/マーカー ページ

TBD

12. 色/フォルダ比較 ページ

By default, the WinMerge Folder Compare window use background colors to show the status from a item (equal, different, not exists on all sides or filtered).

To change a color, click in its box to open a standard Color chooser dialog. Choose one of the predefined colors or define your own custom color, then click OK to load the new color in the box.

At any time, you can click Defaults to reload the installed color scheme.

13. アーカイブサポートページ

このページは、7-Zip を使用した Winzipアーカイブサポートの設定のためのオプションを含んでいます。

13.1. アーカイブファイルサポートを有効にする

このオプションは、WinMerge が(7-Zip統合を基にした)アーカイブファイルを扱う方法を制御します。

  • 有効(デフォルト): WinMerge は、7-Zipアーカイブを識別します。

  • 無効: 7-Zipアーカイブサポートを無効にします。

13.2. ファイルのシグネチャからアーカイブの種類を検出する

  • 無効(デフォルト): WinMerge は、お使いのシステムにおいて、既知の拡張子のアーカイブファイルのみを見分けることができます。 (for example, in the registry or through a file association)

  • 有効: WinMerge は、ファイルの拡張子が不明な形式の場合でも、アーカイブファイルを見分けることができます。アーカイブを見分けるために、WinMerge は、ファイルの先頭から、アーカイブシグネチャバイトを探します。

    ティップ

    WinMerge が、Open Officeファイルを見分けるために、このオプションを有効にすることができます。

14. システムページ

14.1. 削除されたファイルをゴミ箱に移動する

  • 有効(デフォルト): フォルダ比較ウィンドウで削除したファイルやフォルダは、 可能な場合、ゴミ箱へ移動されます。

    重要項目

    お使いのシステムでゴミ箱が無効にされている場合、このオプションは動作しないことを、憶えておいてください。 その場合、ファイルは削除され失われます!

  • 無効: フォルダ比較ウィンドウで削除されたファイルやフォルダは、 本当に削除されます。

14.2. 外部エディタ

WinMergeのファイル比較ウィンドウは、一般的な編集機能を提供します。 あなたのお気に入りのフル機能のエディタを使いたい場合、フォルダ比較コンテキストメニューから、WinMerge が外部エディタを開くように設定することができます。

デフォルトの外部エディタには、すべての Windows システムにある、メモ帳(notepad.exe)が設定されています。 異なる外部エディタを設定するには、その実行ファイルのフルパスを入力してください。

ティップ

パスと一緒に、その外部ツールでサポートされている、いくらかのコマンドラインパラメータを含むことができます。このようなフォーマットです。 実行ファイルのパス -option1 -option2 ...

設定された外部エディタを使うには、フォルダ比較ウィンドウ中のファイルを右クリックし、 左を開く外部エディタで、または、右を開く外部エディタでを選択してください。

14.3. フィルタフォルダ

ファイルフィルタ用の個人フォルダの指定には、このフィールドを使用してください。デフォルトでは、このフォルダは、(Windows XP では マイ ドキュメント、または、Windows Vista では ドキュメントといった)、あなたのユーザープロファイルフォルダです。ファイルフィルタを作成したら、このフォルダへ自動的に追加されます。

14.4. テンポラリファイルフォルダ

WinMerge が、一時ファイルを保存するフォルダを指定してください。次のうち、何れか1つが有効です:

  • システムのテンポラリフォルダ (デフォルト): 例えば、お使いのシステムでは、 C:\Windows\Tempかもしれません。

  • カスタムフォルダ: 参照をクリックし、書き込み可能なフォルダを選択してください。

15. バックアップファイルページ

このページは、WinMerge がバックアップファイルを作る方法を制御することを可能にします。

15.1. 作成するバックアップ

WinMerge がバックアップファイルを作るべきなら指定してください。次のオプションは、それぞれ独立に、有効、または、無効にすることができます。

  • フォルダ比較(デフォルトで無効): ファイルが上書き(コピー)される度に、バックアップファイルが作成されます。

  • ファイル比較(デフォルトで有効): ファイルが保存される度に、バックアップファイルが作成されます。

15.2. バックアップファイル生成先

バックアップファイルが作成される場所を指定してください。次のうち、1つのみ有効にすることができます:

  • 元ファイルのフォルダ(デフォルトで有効): バックアップファイルは、元ファイルと同じフォルダに作成されます。 これは、大抵良い選択です。マイナス面は、巨大なフォルダは、バックアップファイルを片付けるのが大変だということです。

  • バックアップフォルダ(デフォルトで無効): すべてのバックアップファイルは、1つのフォルダに作成されます。 これは、バックアップファイルを片付けるのを容易にします。 しかし、複数のソースファイルが同じファイル名だった場合、 最も新しいバックアップファイルは、以前に作成された同名のファイルを上書きします。

15.3. バックアップファイル名

WinMerge がバックアップファイルを作る時、 元ファイル名に拡張子を付加します。次のうち、 一方か両方の拡張子構成を選ぶことができます:

  • .bak拡張子を追加する(デフォルトで有効): 例えば、 file.txtは、 file.txt.bakでバックアップされます。

  • (デフォルトで無効): タイムスタンプはほぼ常にユニークであるため、このオプションは元ファイル名が同じ場合に、大抵、バックアップファイルの重複を回避します。

    また、保存する毎にファイルが蓄積されるため、ファイルの変更を追跡する方法を提供します。 しかし、このオプションが、たくさんのファイルを作成することを考慮すべきでしょう。

16. コードページページ

このページは、ANSI版 WinMerge が、ANSIファイルに対して使うコードページを指定します。 また、あるファイル形式のコードページは、 ファイルの内容から検出されるべきかどうかを指定します。

注意

完全なテキストエンコーディングと Windows コードページの説明は、WinMerge ドキュメントの範囲を超えています。 幸いにも、インターネット上には、 それらについての情報がたくさんあります。 例えば、ここに始めるべきいくつかの場所があります:

16.1. 非Unicodeファイルのデフォルトコードページ

WinMerge が、非Unicode ファイルを扱う際の、デフォルトコードページを設定するために、 次のラジオボタンから1つ選んでください:

  • システムコードページ(デフォルト):あなたの Windows システムにより使用されているコードページです。 このデフォルトは、ほぼ、ベストチョイスです。 しかし、システムコードページを使用していないファイルを比較することが分かっているなら、他のオプションを考慮してください。

  • 現在のWinMergeユーザーインターフェース言語に従う: WinMerge のインストールに使用したエンコーディングです。

  • カスタムコードページ: 明示的にコードページ番号を入力してください。例えば、 UTF-8ISO-8851-1など。

16.2. html, .rc, .xml ファイルのコードページ情報を検出する

重要項目

WinMerge.exeでは、このオプションはチェックを外してください。 文字列変換は、不可逆変換を生じる可能性があり、そしてそれは、非常にハイリスクです。 WinMerge.exeは、現在のコードページのファイルのみを表示することができます。

  • 無効(デフォルト): WinMerge は、ソースファイルから、コードページ情報を読み取りません。その代わりに、デフォルトコードページ設定を使用します。

  • 有効: WinMerge は、次の拡張子のコードページを検出します: html, rc(VC++ のリソースファイル), xml。検出されたコードページは、デフォルトコードページオプションの設定を上書きします。

    このオプションは、あなたのドキュメントが、 Windows のものと異なるコードページを使用する場合に重要です。

    例えば、英語環境で、2つのスロバキア語か、 2つの日本語ファイルをマージするかもしれません。 このオプションが有効にされている(さらに、必要なフォントがある)場合、 あなたのスロバキア語か日本語のファイルは、スロバキア語か日本語の文字で表示されます。

    WinMergeは、左右のファイル間のコードページの差異も検出します。 マージ、コピー、ペースト時の不可逆変換を避けるために、 コードページ情報を無視することをオススメします。

    注意

    外部アプリケーションにテキストをコピー、または、貼り付ける時、外部アプリケーションは、WinMerge と同じコードページを使用するでしょう。外部エディタのドキュメントを参照してください。 WinMerge へのコピーについては、Internet Explorer は、コードページ選択機能を提供しています。 外部エディタが、カスタムコードページをサポートしていない場合、 このオプションは無効にしてください。

17. シェル統合ページ

17.1. エクスプローラ

The コンテキストメニューに追加オプションは、Windows エクスプローラから、直接、WinMerge を起動可能にし、そこで選択したアイテムを比較します。 それは、WinMergeインストールの最中に、デフォルトで有効か無効にされます。 有効な場合、次のオプションのうち、一方、または、両方を有効にすることができます:

拡張メニューを有効にする
  • 無効(デフォルト): Windows エクスプローラのコンテキストメニューには、 WinMergeショートカットのみが含まれます。

  • 有効: エクスプローラのコンテキストメニュー中の、 WinMergeショートカットを、 比較ショートカットで置き換えます。

「WindowsエクスプローラからWinMergeの起動」では、WinMerge と 比較ショートカットの使用方法について説明しています。