WinMergeの紹介


WinMergeは、オープンソース の、Windows用差分表示/マージツールです。WinMergeは、 フォルダとファイルの両方(または3つすべて)をわかり易く、 そして扱い易いヴィジュアル形式で比較できます。

WinMergeは、プロジェクトバージョン間の変更点を特定したり、マージしたりする際に、非常に有効です。 WinMergeは、外部の差分/マージツール、または、単体のアプリケーションとして 使用することができます。

さらに、WinMergeは、比較、同期、マージを簡単に、そして便利にする多くの役立つ特徴を備えています。 いくつかのプログラミング言語とその他のファイル形式は、シンタックスハイライトされます。

WinMergeは、バイナリエディタではありません。WinMergeは、バイナリ・ファイルの内容と 差分を表示することができます。しかし、その情報は表示専用を意図しています (WinMergeでのバイナリ・ファイル編集は、ファイルを壊すかもしれません)。

WinMerge開発のゴールは、フォルダやファイルを比較、同期、 そして、マージを簡単かつ迅速に行えるようにすることです。 使い易さは、間違いを減らすために重要なことです。 最新版 2.16 は、 安定性と信頼性が考慮されています。

注意

WinMergeは、( 多くのWebサイトで言及されているように)フリーウェアでないことに注意してください。 それは、GPLでライセンスされています。 私たちは、「使える」ツールを無料で提供します。そのため、使用許諾を尊重し改善提案をしてください。 すべてのユーザのメリットとなる、WinMergeの改良を手助けしていただき、私たちは嬉しく思います。

1. WinMergeのバージョン

ダウンロード ページに、三種類のバージョンがあります。

1.1. 安定版

安定版は、ほとんどのユーザに推奨されます。もし、どのバージョンを使えば良いかわからない場合は、 最新の安定版を使用してください。安定版は、最後の数字が偶数のバージョンです。 例えば、2.14.0、2.16.2や2.16.4などです。

1.2. ベータ版

ベータ版は、最新の機能や安定版からの改良箇所を試してみたい人向けです。 ベータ版は、広くテストされておらず、いくつかのバグがあるでしょう。 ベータ版は、最後の数字が奇数のバージョンです。例えば、2.16.3 や 2.16.5 などです。 ベータ版には、メジャーなバグは無いと思われるので、生産に使用することができます。 しかし、ベータレベルのリリースを使用することは、常にリスクを伴うため、よく考えてください。 私たちは、年に一度は新しい安定版をリリースしようとしました。 したがって、次の安定版リリースまで数ヶ月待つ価値があるかもしれません。。。

2. サポートとバグの報告

オープン・ディスカッション・フォーラム は、助けを得るための最も速い方法です。 誰かが回答するまで辛抱してください。

もし、バグを発見したら、バグレポートを通じて それを提出してください。より多くの情報を添えてください(少なくとも、使用しているWinMergeのバージョン番号は)。 可能なら、WinMergeのウィンドウの ヘルプ設定のクリックで表示できる、設定情報を添えてください。 バグレポート中の良い情報は、バグが素早く修正されるのに役立ちます。

重要項目

バグレポートに、バージョン番号を含めてください。バージョン番号は、 ヘルプWinMergeについてをクリックすることで確認できます。

3. WinMergeのソースコードと開発

WinMergeのソースコードは、ダウンロード ページと、 GitHub プロジェクトページより入手可能です。 誰でもソースをダウンロードでき、勉強したり、改変したりできます。 もし、バグを発見(や修正)したり、何かを改良するなどしたら、変更点を パッチやプルリクエストとして提出してください。そして、この製品を改良するのを手助けしてください!もし、あなたが改変したバージョンを公開するなら、 そのソースコードも一緒に公開する必要があります。これは、GPLライセンスによるもので、それに配慮してください。

WinMerge development work is done by people in their spare time. Nobody gets paid for improving WinMerge. We try to fix bugs as we find them or when somebody reports them to us. We really try - we use WinMerge too. But there are absolutely no promises for new features. We always appreciate any help with WinMerge, be it testing, documenting, translating, or coding.